PukiWiki bodycache

PukiWiki bodycache パッチのページです。

概要

PukiWiki にて、ページの生成/表示を高速化するためのパッチです。 PukiWiki が生成する HTML のうち、 wiki/*.txt(body) に由来する部分をキャッシュします。 EDEN 533MHz といった非常に非力なサーバでは、 システムに他の負荷がかかっていない状態で、最下部に表示される HTML convert time で計測して、 2-50 倍の高速化になった実績があります。

実装等の詳細は、添付してある bodycache-xxx.tgz 内の Readme_sjis.txt をご覧ください。

実際に、どの程度効果があるかを確認するには、

  1. 練習ページを編集する(中身を実際に修正する必要はありません。)
  2. HTML convert time を確認 (キャッシュ無効)
  3. リロードする
  4. HTML convert time を確認 (キャッシュ有効)
    として、2, 4 の時間差を確認していただけるとよいと思います。 練習ページのサイズを大きくすることで、効果を顕著に発生させることが出来ます。

主な仕様

擬似 plugin として #bodycache を指定することで、 キャッシュの生成をコントロールできます。

#bodycache(enable)
bodycache を強制的に有効にします。
#bodycache(disable)
bodycache を強制的に無効にします。

特に指定が無いページの場合、bodycache はデフォルトで有効です。 なお、#bodycache はページの先頭(正確には、自動無効化対象 plugin より前)に 書く必要があります。

Update

  • 2007/11/12 : 新ツリーからリリース paraedit は有効化されていません。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-02 Wed 22:35:40 JST (3669d)