破壊魔法 (Ravage Spell)

Skill名前MP触媒
消費
詠唱
時間
Delay
説明射程
入手先
1マイナー バースト5ND1115180小さな火の玉を生み出して 敵にぶつける22.5NPC販売
オークメイジ
マナゴーレム
リトル ツイスター195突風を巻き起こし ダメージを与える
※対象との距離により魔法のヒット数が増える
特殊な魔法・詳しくは短評参照
14.5
5.5?
2.1?
NPC販売
オークメイジ
10アイス ボール9ND2133202敵に氷の弾をぶつける
鈍足効果
20.5
ポイズン ミスト毒の霧を発生させ 敵を毒状態にする
3秒間隔で9回の毒ダメージ
21.0
20ブレイズ13ND3151224火柱を発生させ 敵に継続的なダメージを与える
1秒間隔で4回の魔法ダメージ
21.0NPC販売
オークメイジ
マナゴーレム
ショック ボルト電撃でダメージを与える21.0NPC販売
オークメイジ
30フリーズ18NP1169246敵を凍らせてダメージを与え 移動速度を遅くする20.05
ポイズン レイン毒の雨を降らせ 敵に強烈な毒の効果を与える
4秒間隔で7回の毒ダメージ
20.5
40オーブン23NP2187268対象の周りに火災を発生させ 継続したダメージを与えて焼き尽くす
範囲魔法・10秒間隔で5回の魔法ダメージ
16.5NPC販売
ツァー
ソニック ケイジ対象にダメージを与え 周りにいる敵にもダメージを伝達させる
※最大HPが多い敵ほどダメージ量が増える
範囲魔法・威力は対象の最大HP量に比例(最大40)
3.85
50サンダーボルト28NP3205290雷を落とし ダメージと麻痺の効果を与える18.5NPC販売
ツァー
大デンキウナギ
スターダスト空から無数の星屑を降らせ 敵にぶつける
※時間差魔法
21.0NPC販売
ツァー
60バースト34NQ1223312炎の玉を生み出して 敵にぶつける21.5×NPC販売(夜間キャンプ)
ツァー
マナゴーレム
マジックゴーレム
ブリザード氷の竜巻を起こして大ダメージを与え 移動速度を遅くする
範囲魔法
19.0×NPC販売(夜間キャンプ)
ツァー
70ストロング ボルト40NQ2241334強烈な雷撃を脳天に落とし ダメージと麻痺の効果を与える
範囲魔法(他より広範囲)
10.05×ツァー
イクシオンソーサラー
サイドワインダー
大デンキウナギ
ポイズン クラウド毒の霧を発生させ 範囲内の敵に
継続的なダメージを与える
範囲魔法・5秒間隔で6回の毒ダメージ
19.0×NPC販売(ヌブール村)
サイドワインダー
80メガ バースト46NQ3259356強烈な炎が渦巻く爆発を起こし 敵に大ダメージを与える20.55×サイドワインダー
マナゴーレム
マジックゴーレム
フローズン ビーム凍結ダメージを与え対象を凍結させる
※凍結中はクリティカルを大幅に受けやすくなる
やや弱い鈍足効果
20.05×サイドワインダー
90メテオストライク53PNQ1277378巨大な隕石の固まりを頭上に落とす
※時間差魔法
範囲魔法
19.0×イクシオンソーサラー
サイドワインダー
マジックゴーレム
カオス フレアあらゆる負の要素が混じった強烈な爆発を起こし 対象を跡形もなく吹き飛ばす
ノックバック効果
3.9×サイドワインダー
サベージドルイドロード
エミリー
ウォーターウンディーネ
アクア ツイスター53OP1479WGKが操る 水の古代魔法
大気中の水分から 小規模の水の渦を作り出す
自分中心の範囲魔法・対象に強制方向180度回転
-×ChaosAge水の門 報酬
ディバイン スパーク ボール意思を持って動く雷の球が 無差別に敵を襲う×ChaosAge天の門 報酬
メテオライト インパクト敵単体に巨大な隕石を落下させ
衝撃で大ダメージを与える古代魔法
※WarAgeでは魔法チャージ不可
微弱なノックバック効果
対PC・人型Mobには転倒モーションあり
21.5×ChaosAge冥の門 報酬
  • 属性はチャージエフェクトで判断
  • 効果範囲
      ・12.0弱 アクアツイスター
      ・5.8 ストロングボルト
      ・5.5 オーブン
      ・4.9 ソニックケイジ
      ・4.8 ポイズンクラウド
      ・4.0 ブリザード
      ・3.9 メテオストライク
  • 関連テクニック
    • 複合技
      • マジック ショット:銃器80+破壊魔法30
      • レール ショット:投げ90+破壊魔法50
      • アーマー ブレイク:こんぼう90+破壊魔法50
  • 複合魔法
    • マジック アロー:破壊魔法70+強化魔法70+集中力70
    • パル フレア:破壊魔法80+アルケミスト マスタリー
    • マナ ボール:破壊魔法30+魔法熟練30
    • オーバー ドライブ:破壊魔法90+魔法熟練90
    • ツイスター:破壊魔法60+知能40
    • ファイアー ストーム:破壊魔法90+魔法熟練90
    • レインボー ショット:破壊魔法80+死の魔法60
    • ビックバン:破壊魔法90
    • チェイン スペル:破壊魔法50+集中力90
    • アース エクスプロージョン:破壊魔法90+自然調和70
    • アイシクル ディザスター:破壊魔法90+知能70
    • ディバイン ストリーム:破壊魔法90+回復魔法90
    • 雷霆召雷:破壊魔法90+召喚魔法60
    • ダーク フレイム バースト:破壊魔法60+暗黒命令40
    • テンペスト:破壊魔法90+強化魔法80

スキル情報

  • 敵に直接ダメージを与える攻撃魔法を操るスキル。
  • 魔法の発動には、武器テクニックとは別の概念がある。
    (「常に事前の詠唱を必要とする」、「詠唱妨害を受ける可能性がある」、「移動詠唱すると威力の低下が著しい」等)
  • 魔法の特性(射程内必中など)や追加効果、触媒の融通の良さを含めた総合力が持ち味。必中であることは大きなアドバンテージであり、高回避の相手を倒しやすい。
    • ほとんどの魔法は対象の呪文抵抗力スキルや属性耐性の影響を大きく受ける。多くの敵は無属性が基本的に低くなっているものの、全てのMOBがそうではない。 wikiのモンスターステータスから属性を調べて戦うと有利に戦闘を進められる。 対人においても呪文抵抗スキルによる抵抗上昇は一律であがるものの、DoT魔法に対する警戒で火・土が高くそれ以外が低めに装備や食事で調整されるケースがあるため魔法の属性は頭にいれておきたい。
      • 高い耐性を持つ敵には半減レジストが適用されて有効打を与えられないため、相手の耐性を考える必要がある。
    • このため無属性のみが有効な場合回復魔法にある対アンデッド用の魔法のほうが火力が高くなることも。ホーリークロスとか。
  • 複合魔法、およびカオス報酬の魔法は威力が高いため、真に破壊魔法に火力を求めるならそれらの魔法を習得するとよい。
  • 触媒を持ち歩く為に、ある程度の最大重量(=筋力スキル、強化魔法レイジングなど)が要求される。
  • 破壊魔法のDoT系魔法は、即効性は無いものの総ダメージが高く優秀。
    • 死魔法との相性がよく、敵の機動力を制するバインディングハンズ、接近戦の弱さを補うシャドウモーフ、ヘルパニッシュ、火力を増強するエレメンタルブレイク、味方の支援に強力なレインボーショット等と破壊魔法の欠点を補うことができる。
  • NPCも破壊魔法を用いるが、NPCが使う魔法は魔力の影響度やレジスト率などが違うためPCが扱う魔法とは別物だと思ってよい。
    • 一応、強化魔法スピリットドレインなどで威力を減耗させることはできる。
  • 性質上対NPCへの時間あたりの火力は低く、触媒を消耗するため費用対効率も低い。このため対人戦つまりWarAgeでの運用が主になる。
    • さらに対PCと対NPCでは威力が違う魔法が多い。(対PCではダメージが低くなる)
    • 以下のスキル短評でも対人戦に関する内容が含まれている。

ダメージ量測定

各魔法短評

マイナー バースト
弾道型。火属性ダメージの攻撃魔法。
スキル1から使える長射程の攻撃魔法だが、威力はスキル値相応であり、魔力やスキルによる伸びしろも少ない。
とはいえ白兵戦を経ることなく相手を倒せるので、メイジを志すならばまずネヤで配られるこの魔法を使うことになるだろう。
タゲ取りや強化魔法ディバインシールド剥がしなど牽制に使われる場合もある。
詠唱妨害耐性を持たないPCに対して、Missのある物理や間隔の開くDotより確実で最適な中断方法になりえる。
そこまで煮詰まっていると、これにテクニック枠を割くことが難しくなっているのが難点。
リトル ツイスター
弾道型。風属性ダメージの攻撃魔法。連撃技の特性を持ち、直接ダメージ+追撃で構成される。
対象との距離に応じて最大3回ダメージが発生する。(3段目は射程が非常に短く、ほぼ密着する必要がある、ロックターゲット推奨)
  ・射程: 1段目(14.8)> 2段目(5.5) > 3段目(2.1)
  ・威力: 1段目 < 2段目(約2倍) < 3段目(約3倍)
それぞれに半減レジスト判定有り。
2〜3回目は、対象が自分の前方に居ないと範囲外になり、連撃技と同じく途中終了する。(2回目が範囲外だと、3段目が発生しない)
2〜3回目は、魔法熟練マジックブーストの効果が適用されない。
3hitさせれば費用対効果は破壊魔法の中で最高だが、そのためには密着する必要がある。
対人では、相手の魔法を先読みして連打すれば高確率で妨害できるが、例によって密着する必要がある。

詠唱妨害率については、集中力100+魔法熟練ホールド使用の相手に、
  ・3hitさせた場合、5回/10回中 詠唱妨害に成功した。
  ・1hitだけの場合、0回/ 5回中 詠唱妨害に成功した。
対象の耐性により妨害率が変化するという経験談もあり要検証。

また、WarAgeとPresentAgeではHit間隔などの細かな性能が変化する。
アイス ボール
弾道型。水属性ダメージ+追加効果で鈍足Debuff。(約1秒)
詠唱が短く、ごく短時間ながら鈍足効果を与えられる魔法。
コスト(MP消費・詠唱時間)が安く、高魔力・高スキルでは30-40ダメージを与えることもできる。
わずか2gでこの威力は効率が非常に高い上、詠唱時間が短いため移動詠唱の悪影響を受けづらい。
このため、高スキルになっても持っておくととっさの時に役に立つ。
ただしノアダストはメイジの必須魔法ブラッドディールの触媒でもあるため、連発し過ぎに注意。
ポイズン ミスト
無弾道型。3秒間隔で9回の地属性(毒)DoT。
総威力は低いものの、DoT間隔が短く効果時間も長いので、相手の詠唱や包帯の妨害・牽制に有用。
高スキル・高魔力帯で、土抵抗が低い相手には高い総合火力を誇る。
ポイズンレイン、ポイズンクラウドと併用できない。(破壊魔法の毒DoTは、より上位のものが常に優先される)
薬品「ポイズン ポーション」と併用できない。(優先度は同位)
特殊矢「ポイズン アロー」と併用できない。(ポイズンアローが常に優先)
ブレイズ
弾道型。1秒間隔で4回の火属性DoT。
つまり低威力の火属性攻撃を連続して行うわけだが、低威力が災いして耐性のある敵にはさっぱりダメージが伸びない。
特に相手の属性耐性が極端に高いと属性ダメージが半減する(レジストされる)わけだが、ブレイズはこれがモロに作用して総威力が激減してしまう。
そしてダイアロスの生体は多かれ少なかれ火に耐性がある者が多い。よってPresentAgeでこの魔法が役立つ場面もあまりない。
DoT間隔が非常に短いので、詠唱や包帯の妨害として使えるが、そのためだけにこれを連発するのも考えもの。
ショック ボルト
無弾道型。風属性ダメージの攻撃魔法。
レジスト貫通率が高めで、高耐性への対策にもなる。
しかし使いでが多いノアダストを3つも消費するため、ランニングコストは比較的高めと言える。
ポイズン レイン
無弾道型。4秒間隔で7回の地属性(毒)DoT。
ポイズンミストの上位魔法。毒魔法の特性が更に出て、
  ・DoTの間隔が長く、詠唱や包帯に対する牽制能力は落ちる。
  ・1回毎の威力が多少大きいので、レジスト貫通率が若干高い。
ポイズンミスト、ポイズンクラウドと併用できない。(破壊魔法の毒DoTは、より上位のものが常に優先される)
毒DoTの中では中途半端な印象。
フリーズ
弾道型。水属性の直接ダメージ+追加効果で鈍足Debuff。(約4秒)
弾道型だが、弾速が非常に速く見切られ難いのが利点。
詠唱はやや長めだが相応に鈍足効果も長く、アイスボールとは一長一短。
魔力依存度が低いので、低魔力・低スキルでもある程度のダメージを期待できる。
オーブン
無弾道型。着弾点を中心とした半径5.5の範囲魔法。範囲内の対象に10秒間隔で5回の火属性DoT。
発生時のエフェクトが無く、対象に近付かないと発動ログも出ないため、不発かどうか判断し難い。(効果音は出る)
DoT間隔が長いため牽制には向かないが、低耐性の敵へ使用した場合の総ダメージはメガバースト並。
酩酊フレイムブレスとは併用できない。(優先度は同位)
範囲魔法の上、範囲内の敵ごとにスキル上昇判定が出るので、スキル上げに使う際はなるたけ敵を集めたほうが良い。無弾道型の範囲魔法は上昇判定が1回のみなので注意。
ソニック ケイジ
弾道型。着弾点を中心とした半径4.9の範囲魔法。無属性ダメージの攻撃魔法。
耐性とは無関係に、対象の最大HPに応じたダメージを与える。(ダメージ上限は40)
射程が非常に短く、対象にかなり接近する必要がある。またとても強い詠唱妨害効果がある。
高HP・高AC・高耐性を兼ね備えたMobに対して有効。割合ダメージなので、低魔力・低スキルでも効果が見込める。
裏を返せば低HPの敵に対しての与ダメージは相応に低く、通常の狩りではまず用いないだろう。
また威力の上限が40であるため、高魔力・高スキルでは下位の魔法が優秀になる。

詠唱妨害率については、集中力100+魔法熟練ホールド使用の相手に対して、10回/10回中 詠唱妨害に成功した。
サンダーボルト
弾道型。風属性の直接ダメージ+追加効果で麻痺。(効果時間は約1秒)
一瞬だが相手を足止めさせる効果があり、対PCでは移動・行動妨害として優秀。
低魔力でもある程度の効果を発揮する。
弾速が遅い上に軌跡が目に見えるため、盾技で無力化され易い。
スターダスト
無弾道型。地属性。4秒間隔で1回の地属性DoT。
威力は高く、レジスト貫通率もそこそこあって優秀。
ダメージ発生時ではなく詠唱成立直後にhit判定があり、見切られ難い。
DoT扱いなので、スターダスト同士は重ならず、スワンダンスで解除可能。。
バースト
弾道型。火属性ダメージの攻撃魔法。
威力と消費コストのバランスが良く、高スキルになっても使いやすい。
耐火属性の高いMob相手なら、スターダストやブリザードが向いている事も。
ブリザード
弾道型。着弾点を中心とした半径4.0の範囲魔法。水属性ダメージ+追加効果で鈍足Debuff。(約2秒)
威力はバーストと同程度。
射程は長いが効果範囲が狭く、ストロングボルトとは一長一短。
効果を与えた敵1体につきスキル上昇判定があるため、60-80域のスキル上げに最適。
ストロング ボルト
無弾道型。着弾点を中心とした半径5.8の範囲魔法。風属性ダメージ+追加効果で麻痺1秒。
広範囲にサンダーボルトを落とす魔法。
射程がやや短く威力もブリザードと同程度だが、効果範囲が広いので範囲攻撃として優秀。 また、範囲が広い分位置ズレに若干強い。
ポイズン クラウド
無弾道型。着弾点を中心とした半径4.8の範囲魔法。5秒間隔で6回の地属性(毒)DoT。
ポイズンレインの上位魔法。破壊魔法系DoTの特徴が、更に顕著になる。
  ・DoT間隔がさらに長くなり、詠唱や包帯に対する牽制能力は落ちる。
  ・1回毎の威力がさらに高くなり、レジスト貫通率も若干高くなっている。
  ・範囲魔法であるため、複数体の敵を巻き込むことができる。
ポイズンミスト、ポイズンレインと併用できない。(破壊魔法の毒DoTは、より上位のものが常に優先される)
薬品「ポイズン ポーション」と併用できない。(ポイズンクラウドが常に優先)
特殊矢「ポイズン アロー」と併用できない。(優先度は同位)
フローズン ビーム
弾道型。水属性ダメージの攻撃魔法。
追加効果で、弱い鈍足+被クリティカル率上昇のDebuff。
メガバーストと比べると威力は低めな上にヘイト上昇率も高いが、低魔力でもある程度の効果を期待できる。
言い換えれば高魔力になるとメガバースト等との威力の開きが出てくる。
しかし火耐性が高い敵は割と多いため、魔力や半減レジスト率によってはこちらのほうが安定した火力源になることもある。
クリティカルが出ると物理ダメージ1.5倍なので、PCやペット・下僕への支援に優秀。
クリティカル時はアタックキャンセルが可能になるため近接の防御技の支援になり、 遠隔においては移動可能となり距離のコントロールがしやすくなるため防御面に貢献する。
ChaosAgeなどのいわゆるボス戦で真価を発揮する。
欠点はノアキューブ3つという触媒コストのため、連発するとすぐノアキューブが尽きてしまうところか。
特にノアキューブは回復魔法ヒーリングオールや強化魔法インヴィジビリティなどにも使えるため、純メイジでは兼ね合いが難しくなる。
メガ バースト
弾道型。火属性ダメージの攻撃魔法。
レジスト貫通率が高めで、射程も長く、高威力。いわゆる火力魔法としては最も扱いやすい。
しかし火属性もまた耐性のある敵が多く、そういう敵にはさっぱりダメージを与えられないため、フローズンビームと使い分けたい。
また、フローズンビーム同様コスト(消費MP・詠唱時間・触媒消費)が高いため、MP枯渇や触媒残量に注意。
対PCでは弾道型の魔法は見切られやすく、この魔法のように単発が大きくなる程、魔法反射技が脅威になる。
メテオストライク
無弾道型。着弾点を中心とした半径3.9の範囲魔法。4秒間隔で1回の地属性DoT。
スターダスト同様、1回の高威力DoTで効果が終了する遅延単発魔法である。
範囲魔法ながら効果範囲は狭いものの、破壊一本で使える範囲魔法の中では威力が一番高い。
とはいえ、地属性=毒属性は効く敵と効かない敵がはっきり分かれているため、敵によってはメガバースト以下の威力になることもある。
高威力とはいえ、敵の属性を見極めることが必要なのだ。
スターダストと併用できる。
カオス フレア
弾道型。無属性ダメージの攻撃魔法。
「跡形もなく吹き飛ばす」のinfo通り、追加効果でタックルより長めのノックバックが発生する。
メガバーストよりも5割ほど威力が高く、高魔力かつ無属性抵抗が低い相手では200ダメージ超えも珍しくない。
また、高威力の割に魔法ディレイは短めであり、ラピッドキャストと併用すれば連発も可能。
だが射程が近接武器並であり、詠唱も長いためアクティブな相手には相打ちになりやすい。
このため魔法チャージや魔法熟練マジックブーストを活用するか、召喚生物などでタゲを逸らさないと運用は難しい。
タイミングを見極めれば、相手の白兵攻撃を空振りさせる(範囲外にする)ことも可能。
高集中に魔法チャージ・マジックブースト・ラピッドキャストを併用すれば、その場をほとんど動かずに
強敵を一方的に、かつ短時間で倒すことも可能になる。
無耐性が高い敵はそう多くないため、この魔法を使いこなせば役立つことも多いだろう。
ノックバック距離は、対PCで17.79。対NPCでは飛距離が減衰する。
PTプレイ等ではあまり乱発すると他PCの攻撃が空振りしてしまい、かえって火力が落ちる場合もあるので
使用する際は周囲の状況を考えて使うのが好ましい。
対PCでは、ダメージ量が大きく変わることに注意。
アクア ツイスター
水属性。ターゲット不要。自分中心に半径12.0弱の広範囲魔法。
詠唱中はナイトカーテンのモーションに周囲に放射状に回転する水球群のエフェクト。
無弾道、即着弾。着弾時にメスメライズと同様のエフェクト。
ヒットと同時に対象を反転させる。詠唱妨害効果はない。(サイドキックと同様の効果?)
威力はフローズンビーム弱程度(複合のレインボーショットに近い)
強制的に方向転換させるため対人戦ではかなり有用(特にwar混戦時)。
欠点は触媒(金額面)と何よりノアピース自体の入手の難しさ。
ディバイン スパーク ボール
詠唱後、紫色の球状のエフェクトが20秒ほど周囲を漂う。
タゲ不要で勝手に敵に襲い掛かる。召喚ではないが、召喚制限に干渉する。「かかれ」等の指示はできない。
この間に詠唱者が攻撃を受けると、その敵に対して球が飛んでいき範囲攻撃を複数回行う。
攻撃間隔は1〜2秒程度、詠唱後にダメージを受けると攻撃判定が15回発生、AC0で判定1回あたりダメージ25程度。
球体による攻撃は近接物理攻撃扱いで、ACによる軽減に加えて盾技も有効。インパクトステップで球体自体を追い払うことも可能。
また、球体からの攻撃は命中するごとに行動不能効果を受ける。効果時間は神秘魔法ライトニングブレイド程度とごく短い。
メテオライト インパクト
対象の上空から隕石を落下させて地属性ダメージ+追加効果で微弱なノックバックの単体攻撃魔法。半減レジストあり。
メテオストライクに近いように見えるがDoTではなく、DeBuffは特に付かない。
上空から発する弾道型の魔法のようなもので、対象との距離に関係なく一定距離上空から落下させる。
ディバインシールド・ストーンマッスル等、魔法を防ぐことが出来るテクニックで防御可能。
各種判定はかけられたタイミングではなく着弾時だと思われる(要検証)
対NPCでの威力は複合魔法ファイアーストームと同程度、カオスフレアよりやや低い。
ただし対地耐性も耐火属性同様耐性を持つ敵と持たない敵がはっきり分かれているため、威力の多寡や有効性は敵によって異なる。
触媒のこともあり、コスト比での与ダメージの効率としては低いと言わざるをえないだろう。土属性の破壊魔法はほとんどがDOTであり連射性がないため、破壊のみで唱えられる土属性の高火力魔法として有用。
ノックバックは対PCでもバックステップ程度と短く、対NPCではさらに飛距離が減衰し、ほとんどノックバックしない。
対PC・人型の敵にはノックバックと共に転倒モーションあり。
また、着弾と同時にかけた側とかけられた側の双方の画面が少し揺れる。

・対NPC 相手は全てカカシ
 破壊90 魔力100.0でLv1に149〜170、Lv50に101〜121、Lv100に74〜99。
 破壊100 魔力100.0でLv1に166〜188、Lv50に117〜141、Lv100に89〜111。
 破壊100 魔力130.0でLv1に201〜225、Lv50に156〜175、Lv100に119〜139。
 破壊100 魔力160.0でLv1に237〜261、Lv50に185〜210、Lv100に151〜175。
 破壊90 魔力約197〜200でLv1に259〜289、Lv50に206〜229、Lv100に171〜195。
 破壊100 魔力約197〜200でLv1に285〜309、Lv50に226〜250、Lv100に195〜216。

Tips

範囲魔法について
スキル/テクニック
魔力・スキル値の関係
破壊魔法は、魔力値と破壊魔法スキル値によってダメージが変動する。
効果上昇の比率は主に 魔力1:破壊1.5 である。
ただしテクニック毎に違いがあり、「魔力による効果上昇量」(魔力依存度)が低いものと高いものがある。
魔力依存度が低いものは、低魔力でもそれなりの効果を発揮できるが、高魔力になっても劇的な効果上昇は望めない。
耐性との関係
威力は、対象の該当する耐性で軽減される。 → レジスト判定について
レジストは1次レジスト(ACのような一定値の軽減)と2次レジスト(回避のような一定確率での半減)があり、
1次レジストを受け難いテクニックを、「レジスト貫通率が高い」と表現する。

半減レジストは、ある耐性値を境に発生し始めるようになり、耐性値が高くなるほど発生率が上昇する。
この境目は、魔力値、スキル値、移動詠唱による威力低下 で変動する。

1次レジストは使用魔法によって軽減率が変わるが、2次レジストは
魔力/スキル値/詠唱中移動距離が同じならばどの魔法でも発生確率は同じになる。
高スキル魔法の半減が多く感じられるのは、詠唱時間の長さによる移動距離の差の影響であり、
静止状態で詠唱すれば魔法ごとの半減率の差はない。
※威力への影響は「魔力1:破壊1.5」だが、レジスト貫通率の観点からは、魔力の方が重要になる模様。

破壊魔法全般に対する おおよその目安として
  ・耐性40未満は、半減レジストは発生しない。
  ・耐性40以上で、稀に半減レジストが発生。
  ・耐性70以上で、ある程度の発生率を期待できるようになる。

  ・例) 破壊100魔力100メガバーストの場合 : 耐性60以上で、稀に半減レジストが発生。
      耐性が高くなるほど発生率が上昇する。 (例は「War Age Memo」より引用)

お勧めの上げ方

  • 性質上、足の遅い敵を狙い続けるとよい。また、対象の強さに関係なく、適正な魔法を使えば上がるといわれている。
    よって、足が遅く金銭効率の高い海ヘビやスプリガンを狙う方がよい。
  • 時間当たりの火力が低い分、アンチマクロに注意。
  • スキル80に壁がある。ここまでは範囲魔法を用いて容易にスキル上げが可能だが、ここからは範囲魔法がなくなり70~90魔法を用いる必要が出る。コストパフォーマンスはDOT魔法や下位魔法が上であるため、資金繰りが厳しくなるケースも。
  • 過去からよくある勘違いだが無弾道型の範囲魔法は複数上昇判定がないことに注意。よって複数判定があるのはソニックケイジとブリザードのみである。
スキル上げ方推奨される敵
0-10マイナーバーストネヤ雑魚
10-30アイスボール
ショックボルト
ゾンビラットorゾンビドッグ/レイス
30-50フリーズ、オーブン海ヘビ/バルドスデストロイヤー/各種オーク/エルク
50-60サンダーボルト
60-70バースト/ブリザード
70-80バースト/ブリザード/メガバースト海ヘビ/バルドスデストロイヤー/ヤングオルヴァン/ノッカーorスプリガン/リビングデッド
80-90メガバースト/フローズンビーム
90-100メガバースト/カオスフレア異端者/鉱夫の亡霊/ノッカーorスプリガン/リビングデッド
範囲魔法を使う場合
35-60ソニックケイジQoAリスティル/ヴァンパイアクロウラー/ネオク高原の雑魚
60-80ブリザード

情報提供

わからないことは外部掲示板の該当スレなどで聞こう

最新の8件を表示しています。 コメントページを参照

  • いまさら感もありますが・・・毒Dotの短評について。破壊80、魔力190程度で試してみたところ、対リビングデッドでは、ミスト15〜17 レイン23〜24 クラウド26〜27。同条件でベビースネークには、ミスト21〜22 レイン29〜30 クラウド34ダメージで、魔力が多少あると、総ダメージ量で、クラウドをレインが上回る場合もあるようです。低スキルの頃はミストと総ダメージ変わらない程度でしたが、最近気づいたのと、中途半端って短評がかわいそうで・・・ -- 2012-01-07 (土) 17:04:20
    • どれも使い分けが大事。 妨害が重要なときはミストを切らさない。威力がほしいときはレインとオーブンを連続して入れておく。ペットとかにかき集めるときはオーブン&クラウド→透明化放置が意外と有効。 -- 2012-06-13 (水) 00:44:51
  • 90前後からは、ネオク高原の岩茸にメテオも上がりやすいかも。密集して生えてるの狙うと複数ヒットするし、離れて撃ちまくれるし。 -- 2012-01-13 (金) 19:54:54
    • 中央あたりに集まって湧く事ある。最大4つ同時にメテオ当たった -- 2012-01-14 (土) 19:01:28
  • 同時に着弾するものは判定1回となんど言えば。 -- 2012-09-25 (火) 16:10:02
  • 破壊魔法の対NPCダメージ量を測定したページと、対PCダメージ量を測定したページ(火、水、無属性のみ)を作成してみました。 -- toya 2012-11-10 (土) 21:41:51
  • メテオストライクですが、闘技場でかけてもらうと、残り5sと表示され、メテオが落ちます。スタダは4s。MOBからかけられた場合どうなるかは不明ですが、メテオは5sに1回のDotの可能性があります。 -- 2013-02-27 (水) 06:14:36
  • アクアツイスターを複数に当てたところブースト時にも関わらず複数の上昇判定がなかったため、(複数上昇判定を考えた場合の)スキル上げには使えないと思われます。 -- 2013-09-07 (土) 04:25:37
  • 対PCの地属性と風属性のタメージ量測定のページを作成しました。 -- E鯖SHEENA 2013-09-14 (土) 12:07:52
  • オーブンに複数上昇判定はなかったはずですが仕様が変わったのでしょうか。 -- 2016-08-19 (金) 13:02:01

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-11-16 Wed 18:06:56 JST (160d)