#topicpath

[[公式ページ>http://moepic.com/avg/pet.php]]

#contents
-参考:[[ペット]](ペットの能力詳細情報など)
-関連ギルド:[[フォレール>ギルド/フォレール]]
-調教詳細wiki:[[育成wiki>http://ionantha.dyndns.org/]]
-[[調教 外部リンクLink>Link#gad82f9f]]

*調教 [#j971c1f5]
-高Lvの動物やモンスターをペットに出来るようになる
-同時に連れられるPETの数が増える (30.0以上で最大2体 / 60.0以上で最大3体)
-チェリッシングとチアーショットの効果上昇、ドミニオンの効果時間が延びる
-[[自然調和>スキル/熟練(技)/自然調和]]のスキル値で調教の成功率が最大10%底上げされる ([[下記参照>#capture]])
-スキル1〜50までの技は [[アルビーズの森>NPC販売物/Present_Age/アルビーズの森]]のフォレールギルドで購入できる
-※付き(複製粗悪品)は全てマイページ転送不可

|~Skill|~名前|~ST|~発動&br;時間|~Delay|~説明|~転送|~入手先|h
|CENTER:|LEFT:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|LEFT:|CENTER:1|LEFT:|c
|''1''|~アニマル フェイタライズ|5|150|650|動物を手なずけ従わせる&br;※警戒を解くこともできる|×|アルビーズの森|
|''10''|~チェリッシング|8|220|820|愛情を込めてペットをなで、ヒット・ポイント(HP)を回復させる|×|~|
|''20''|~チアー ショット|11|120|780|ペットに気合を入れて強化させる&br;&color(#330099,){攻撃力増加};||~|
|''30''|~ワーシップ ネイチャー|15|290|2090|大いなる自然の力を借り、死亡したペットを生き返らせる&br;''※ワーシップドールを一つ消費します''&br;&color(#330099,){ワーシップドールは一人一個制限あり};||~|
|''40''|~テラー ウィップ|5|150|650|手で威嚇し 敵の召喚ペットを追い払う|×|~|
|''50''|~マンカインド フェイタライズ|23|150|650|人型の敵を調教し従わせる|×|~|
|''60''|~パフォーミング ウィップ|28|110|1310|ペットに特殊攻撃をさせる&br;※ペットが特殊攻撃を使える状態の時のみ発動する|×|コボルト ブリーダー&br;そんなエサに俺様がクマ|
|''70''|~ミラクル ケイジ|28|60|560|ペットをアイテム化する&br;''※アニマル ケイジを一つ使用します''&br;&color(#330099,){アニマルケイジは何度でも使用可能 };||ヌブールの村&br;コボルト ブリーダー&br;釣られクマ&br;そんなエサに俺様がクマ|
|''80''|~ドラゴン フェイタライズ|38|150|650|地上最強と謳われる竜族を従わせる|×|ベビードラゴン|
|''90''|~ドミニオン|45|77|577|魂をペットに乗り移らせ ペットを操作できるようになる&br;※乗り移っている間 ペットに負担がかかり、徐々にHPが減少していく&br;&color(#330099,){本人の姿が消え、ペットの姿で移動/行動できる&br;変身中は空腹・渇き・酔いモーションを無視};|×|コボルト ブリーダー&br;釣られクマ&br;そんなエサに俺様がクマ&br;サベージ ナイト&br;サベージ ランサーロード&br;サベージ ドルイドロード|

//
**スキル情報 [#sf2e109a]
-ペットを育成・使役するスキル。~
-比較的少ないスキル値で、ある程度の戦闘力を確保できる。~
ペット入りのアニマルケイジをトレードできるので、生産者などの自衛手段の選択肢になり得る。~
-本格的なペットの育成には、多大な労力と時間が必要になる。~
-サイズの大きいペットは、他PCの邪魔になり易いので注意。~

//
** 各技短評 [#y0920209]

:チェリッシング|
回復量はスキル10で15〜17、100で77〜80~
おおよそ11〜13+(スキル値の2/3)くらいか。~

:チアー ショット|
ATK増加量は15〜30程度。スキル60あたりから効果時間>使用後ディレイとなる。~
強化魔法ヴィガーとは併用できない。(後に使ったほうが優先される)~
召喚魔法デスマーチとは併用できる。~

:ワーシップ ネイチャー|
ワーシップドール(一人一個制限)が必要。~
ソウルバインダーに頼むよりは弱体化が少ない。~
他人のペットは蘇生できないので注意。~

:パフォーミングウィップ|
ペットはディレイが終り次第勝手に技を使うため、この技を使っても任意のタイミングで発動させることはできない。~
※なぜかタイタンに使うと変形モーションが発動する。~

:ミラクル ケイジ|
空のアニマルケイジが必要。アニマルケイジに入ったペットはアイテム扱いになる。~
(ペット数/合計Lvの制限を受けなくなる。トレード可能。ChaosAgeで死亡すると消滅する)~
1秒ほどのモーション後に発動し、その後約3秒ほどかけてペットが消えていく。~
※この間ペットは被攻撃判定を失ったまま行動出来るため、一方的に攻撃可能。~
発動に間があるので緊急回避目的ならば余裕を持って使用する必要がある。

:ドミニオン|
効果中のペットへの物理攻撃は約1/10に、魔法は全Avoidされる。(スケープゴートミミックと同様で、追加魔法ダメージ等は貫通)~
効果中はペットのHPが徐々に減少し、攻撃を行わない透明状態になる。また、使用者のHPが徐々に回復する。~
※「かかれ」状態だとなぜか相手から逃げ続けるため、効果が切れた時に遠くにいる事があるので注意。~
以上の2点から緊急回避に使えるが、HP減少効果や透明状態でタゲれないため、~
センスヒドゥンまたはシーインビジがない場合は余裕を持った使用が必要になる。~
ペットへのBuff扱いなので、Buff消去やペットのBuff欄が埋まっているとドミニオン出来ない。~
調教100で持続時間は1分28秒、ペットのHP約50減少。使用者のHP約50回復。~
(参考)トマトジュース64/min、ドミニオン38/min~
また一部ペットはドミニオン時、PCの装備がペット上に表示される。~
例)カタナを装備したダーインオーク~


//
**ペット関連コマンド一覧 [#x864a3b5]
|~コマンド|~機能|~備考|h
|~/petattack|ターゲットに対してペットに攻撃命令を出す|全てのペットに一括指令|
|~/petauto|ペットに自動攻撃命令を出す|~|
|~/petnoauto|ペットの自動攻撃命令を解除する|~|
|~/petaway|ペットを逃がす|~|
|~/petcome|ペットを集合させる|~|
|~/petsit|ペットを座らせる|~|
|~/petstop|ペットを停止させる|~|
|~/pettarget|生存中の自分のペットを順にターゲットする||
|~/petcorpse|ターゲットしているペットの死体を足元に持ってくる||
|~/petsensecorpse|ペットの死体位置を表示する||
※全て引数無し、個別命令はペット窓からしか出来ない。

//
***ペット関連マクロ [#iaf7c71a]
-詳しくは[[''マクロ''>マクロ#w65f2cf6]]をご覧下さい。~
--プレイヤー名「MOE」が所有しているペット名「Dain Orc」をターゲットする
 /target <pet> Dain Orc(MOE)
--ペットリスト1番目のペットをターゲットする
&br;※生存中のペットのみが対象であり、上からAAA(生存),BBB(死亡),CCC(生存)の時は、<pet1>=AAA,<pet2>=CCCとなる。
 /target <pet1>
--ペットリスト1番目のペットにチェリッシングをする
 /cmd [チェリッシング] <pet1>
--ペットの方向を自動的に向いてチェリッシングをするマクロの例
 /target <pet1> (1匹だけなら[/pettarget]なども)
 /locktarget
 /pause 3
 /cmd [チェリッシング]
 /locktarget
 /autolock on(もしくはoff)

//
**ペットの種類 [#w3af330d]
-大別して''青ネームペット''と''下僕(ピンクネームペット:旧黄ネームペット)''の二つがあります。
--従来の黄ネームペットは、公式内の情報とは異なる呼び方で[[モンスター一覧表>モンスター/地域別]]との表記とも異なっている点があっため、混乱を防ぐ目的でピンクネームペットに名称を変更しました。

|CENTER:~種類(一覧はここから)|>|>|>|>|>|CENTER:~テイム時の特徴|h
|~|~通称|~元の名前|~名前の色((カラー設定で変更可能))|~名前の変更|~成長|~ゾーン移動・ログアウト|h
|~ペット([[成長>ペット/青ネームペット]]/[[特殊>ペット/青ネームペット#Special]])|青ネーム|地名つき|BGCOLOR(#A5A5F0):青|可|可|可|
|~ペット([[召喚>スキル/熟練(魔法)/召喚#SummonPet]]/[[傭兵>スキル/熟練(技)/取引#r17c0c31]])|召喚|地名なし|BGCOLOR(#F0f0A5):黄|可|不可|可|
|~ペット([[下僕>ペット/ピンクネームペット]]/その他)|下僕・ピンクネーム|地名なし|BGCOLOR(#F0A5A5):ピンク|不可|不可|すると消える|

//
***捕獲の難易度 &aname(capture); [#b996a98e]
-捕獲の難易度は調教スキル値、対象のLvと残りHP、自然調和のスキル値で決まります。

:捕獲するのに必要なスキル値|
最低でも、''(対象となるmobのLv)*0.9程度''の調教スキル値が必要。~
また捕獲するには、''調教スキル値>フェイタライズ予定のペットのLv+現在ペット窓に存在するペットの合計Lv''でなければならない。~
これを調教が下回っている場合は、スキルが足らないと出る。~
当然ながら[[テクニックそのものの使用>スキル#h8dd252a]]に成功しなければならないため、MFで50程度、DFだと80程度が最低目標値といえる。~

:対象のHP|対象のHPが減っているほど調教の成功率が上がる。
:[[自然調和>スキル/熟練(技)/自然調和]]|自然調和のスキル値で、調教の成功率が最大10%底上げされる(公式サイトより)~
実際には、対象の残りHPが多い状態でもテイム可能となるようだ。~
調和20〜30で、対応するLv分しかない調教スキルでもかなりの成功率を上昇させる事が出来る。~
0の場合、調教スキル値が高くても相手が弱っていてもかなり成功しにくい~
※例1:調教60調和0グリフォン→ギリギリまでHPを削り、さらに、何度もフェイタライズする必要がある。~
※例2:調教60調和30グリフォン→HP6割以上残っていても、少ない回数のフェイタライズで成功する。~
下僕を主流に使う場合でも、多くても自然調和40まであれば問題は無い。~

-捕獲の条件~
1回も自分で攻撃を当てなくてもテイムは可能です、ただしアイテムと同様にその敵に対して一番の功労者でなくてはダメのようです(他人が叩いてる横からいくらやってもテイム出来ない)~
つまり、戦闘能力がなくても自分が一番の功労者になればいいわけです。簡単なやり方としては、.撻奪箸帽況發気擦藤硲个鮓困蕕靴泙后△△訥度減らせばペットをミラクルケイジでアニマルケイジに入れます。あとは各種フェイタライズするだけです。そうすれば一番の功労者だったペットがいなくなったわけですからフェイタライズした自分が一番の功労者となります。

//
***連れられるペットの最大数 [#a065f850]
-一度に連れられるペットの最大数は3匹まで、更に調教スキル値、ペットの合計レベルで変わります。
-一度に出せる青ネームペットの合計レベルは200まで。

:調教スキルと最大数|
調教スキル30以上で最大2匹、60以上で最大3匹。~
※ピンクネームは調教スキル値問わず3匹まで可能。

:ペットの合計レベルと最大数|
ペットのレベル合計<調教スキル×2(Pre、War同様)~

:ペット屋とテイム枠|
テイム枠は3~
ペット屋に預けてもテイム枠は空かない。(アニマルケイジに収納すれば空く)~
PresentAgeとWarAgeは装備・アイテム・ペットの共有が出来ない。~
PresentAgeで使っていたペットをWarAgeに持ち込むにはアニマルケイジでアイテム化し、ヤーナ・タングンを装備した状態でPreヌブール村アルターに乗る事で現れるタイムカプセルを利用する。

:アニマルケイジ|
アニマルケイジからペットを取得することで''調教値が低くとも1匹だけ取り出すことが出来る''(この時、ペットのLvは不問)~
また、調教値が低くともペット屋を介する事でそれぞれ運用する事が出来る。

//
***ペットの蘇生 [#t6f037b6]
-ペットが死んだ時は、ソウルバインダーに頼むか、ワーシップネイチャー(触媒:ワーシップドール)で蘇生することが出来ます。~
ただしどちらの方法でもペットのレベルが0.1〜0.2下がります。~
また、公式の情報によるとレベルダウン量はワーシップネイチャーの方が少なくて済みます。
--ワーシップネイチャーで復活させる場合、対象のペットを''/petcorpse''コマンドで安全な位置まで引っ張って移動させてから復活させた方がよい~
※''/petcorpse''は引っ張れる距離が短く、このコマンドでペットをゾーン移動させる事はできない
--ワーシップネイチャーを他人のペットにかけることはできるが蘇生できない(ワーシップドールも失う)
-ワーシップドールを入手するにはワーシップネイチャーを覚えている必要があります。~
Present Ageならアルビーズの森のフォレスターギルド南西の高い場所に居るウォルフガングに、~
War Ageではヌブールの村のリッカに話し掛ける(Ctrl+H)と貰うことが出来ます~
※話し掛ければ何度でも貰えますが、1人1個までしか持てない~
  またテクニックさえ覚えていればスキル値は不問
-蘇生直後のPETのHPは1なので要注意。

//
***ペットの成長 [#h917971d]
-ペットの育て方は、ペット青、進化を参照
--最低でもなんらかのペットのHP回復手段は必須
-経験値は敵を攻撃した時と敵から攻撃された時に入る。(ミスよりもヒット時の方が経験値が多い)
--ペットの取得経験値量は攻撃を当てた、もしくは受けた回数で計算されている。~
--経験値は攻撃時>DoT被弾時>被弾時という経験値取得量と思われる。(実測無し)~
したがってDoT系の技やスペルを多用するモンスターが育成に向いているといえる。
--ペットの育成はむやみに強すぎる相手にぶつけても取得経験値の上限が各Lvごとに存在する為そんなに早くは上がらない。~
少し強めの相手にぶつけ、絶対に死なせない事が育成の王道。
--ウーなどの特殊ペット以外は、調教スキル×1.5倍の数値までしか強くなれない。
-忠誠心が0だとペットに経験値が入らない。
-調教スキル値がペットのLvの半分を下回っていると、ペットの戦闘で入る経験値がマイナスになる。(下がっていく)~
※進化ペットは例外。
-モンスターのAIにはヘイトを無視するタイプが居る。
--人型mobは回復行動に対するヘイト上昇が大きい。ペットに回復を行うと怒涛のごとく飼い主を狙ってくる為、育成にはあまり向いていない。

//
***ペットのステータス [#y661333e]
-ペットやNPCを''/consider''(Alt+c)して見られるステータスは、本人の値*1.1より優れている場合に表示される(装備含む)~
よって、プレイヤーの武器の持ち替えやスキル使用によるステータス変化で詳細が調べられる。
-殆どのペットの各ステータスは概ね、ペットの強さ(Lv)*1.0、ACはLv*1.2、抵抗(SVM)はLv*0.45 (例外有り)~
-ペットにもそれぞれ属性防御の優劣がある。
-ペットのステータスは完全にペットのLvで固定されている。つまり、誰が捕まえても、誰が育てていたとしても、全く同じLv(小数点含む)の同じペットは同一のステータスになる。
-ペットのサイズは上限と下限が決まっており、その中でランダムに決定されPOPする。~
比較する場合はペットの名前の高さを基準にすると良い。~
ペットのサイズはランダム性が高く全く同一のサイズのペットを捕まえる方がむしろ難しい。
-ペットのサイズによる違いは主に以下の通りである。
--サイズ小は邪魔になりにくく、多少狭い所でも大きなペットより使い勝手がよい。
--サイズ大のペットは、段差等の地形による影響(大幅な迂回等)に若干強い。

//
***ペットの性能 [#k5350032]
-詳細は[[ペット]]を参照 - 外部リンク [[育成Wiki:http://ionantha.dyndns.org/]] でも

//
**仕様 &aname(pet_specification); [#s19e8470]
-COLOR(red):調教スキルと召喚スキルは干渉する。(現時点では仕様:メールでの公式返答)
--青ネームと黄ネームを同時にテイムする場合、召喚魔法との競合が起きていろいろと不具合が出る。
---召喚魔法もスキル値30.0で二体、60.0で三体呼び出せる。
---召喚魔法で呼んだペットは全部黄ネーム。
--COLOR(blue):召喚のスキル値の枠に制限される。~
(調教40・召喚20だと、青ネーム二匹または黄ネーム二匹はテイムできるが、青・黄を一匹ずつテイムしようとすると、「スキル値が足りないのでこれ以上テイムできない」とエラーが出る)~
--COLOR(blue):召喚も青ネームペットの干渉を受ける。~
召喚60.0でグリフォン(Lv60.0)をペットとして連れて歩くと、スキル不足により一切の召喚が不可能となる。~
~
-ペットに掛けられる Buff/DeBuff は最大6つ。それ以上掛けても無駄になる。(PCの場合と違って一番古いものが消えたりしない)~
Buffが6個掛かっていても上書きはできる。上書きの条件はPCと同じ。(Buff毎に決まっている優先度。他人の掛けたものは上書きできない制限)~
Buff/DeBuffが6個掛かった状態で、新たなDeBuffを掛けられた場合は、一番古いものが消える。~
-ペットに包帯は巻けるが、ポーション系統はターゲット指定の回復ではないので使えない。~
-ペットは溺死せず水中戦可能。~
-ペットは透明状態の敵を攻撃しない。(自分やペットに強化魔法シーインヴィジィブルを掛けても駄目)~

//
**Tips [#yc6d1769]
-ペットへの回復
--チェリッシングは調教100で77-80回復。
--召喚魔法ウォーンパニッシュメントは範囲が狭いが範囲内ペット全てに回復効果有。
--回復魔法グループヒーリングはペットには掛からないがセイクリッドサークルはペットも回復する。
--回復魔法リザレクションはペットには効かない。

-召喚魔法、強化魔法について
--強化魔法は他PC/他ペットにも掛けられるが、召喚魔法の補助は自分のペットにのみ効果がある。
--召喚魔法クライシスコールは見える位置のペットしか呼び寄せられない。
--召喚魔法の補助はクライシスコール以外全て自分中心の極小範囲型なので戦闘中に上手くかけることは中々難しい。またラグ等で効果が出ない場合はコツとしてペットが二回攻撃した位で接近して掛けると失敗しにくい。
--召喚魔法デスマーチは、チアーショット or 強化魔法ヴィガーと併用できる。~
(増えるダメージはおよそデスマーチ15〜20、チアーショット20〜30、ヴィガー10〜15…それぞれスキル値100想定)
--基本的にペットにも強化魔法の多くは有効で、生存率/育成速度を上げる事が出来る。~
(バブルボールやシーインヴィジィブル等、仕様上ペットに効果が無いものも掛かるので注意)~

-アニマルケイジ関連
--ミラクルケイジでアニマルケイジにペットを格納するとペットの名前はリセットされてしまう。
--ミラクルケイジはタイミング次第では死体がアニマルケイジに入ってしまう場合がある。
--ミラクルケイジで収納する場合、忠誠心が最大値より下回っていると、収納した際に忠誠心が下がる場合がある。
--調教スキルがペットのLvより低い場合でも収納してもLVが下がる事は無い。~
(Lvアップ時の表示ズレが適正化される場合はある)

-ペットの餌について(参考:[[餌効率一覧表>ペット/餌効率一覧表]])
--ペットの好きな物は素材の目安で金属なら武具、弾丸、製造素材等でも食べるし木なら矢等でも食べる。
--ペットに与えるエサで「食べ物」は生肉でも大丈夫。「シード」は食べ物に入る(低効果)
--忠誠回復=売価/6、売値が高いほど良い
--食べ物:ナマ目玉焼き、刺身、〜の肉 金属:ノアミサイル、ライトラウンドショット、不要装備 木:木矢 石:悟り賢者 等
--アイテムを掴んだ状態でペットにShift+左クリックすると、トレード確認なしで餌をあげられる
--アイテムを掴んだ状態でペットをShift+左クリックすると、トレード確認なしで餌をあげられる

-その他
--忠誠値の減少は、現実世界の時間で1分に付き-1
--ドミニオンは下僕にも使え、大抵はかけられると巨大化する。ドミニオンは受けたペットが消滅すると解ける。(召還の時間切れ、野生に返す等)~
任意な時間で解きたいのであればシーインビジ、センスヒドゥンからミラクルケイジ等を使うと良い。
--ドミニオンは上にもある通り消滅ではなく、ただ見えなくなる移動可能インビジ状態なので必ずしもモンスターの攻撃を受けないとは限らない。
--[[取引スキル>スキル/熟練(技)/取引]]のページを見れば解るが、取引のサインボード一つでペット・ウィンドウの枠を一つ使う。ドミニオンも可能。~
--混戦時にはペットウィンドウの名前をクリックする事でペットのターゲットが可能。
--霊体状態でも調教スキルは全て使える。特に街中でのミラクルケイジは忘れないよう注意。
--テレポートやリコールアルターによるペット追従移動は忠誠度がある状態で命令で「お座り」でなければ着いてくる。~
実際の移動時は表示まで若干のタイムラグがある。逆に忠誠度が無く「お座り」状態だと置き去りにする事も可能。
--ペットが迷子、または死亡時にソウルバインダーで復活させず死亡場所まで行けなさそうな場合は/killmyself等で死亡後、ホームポイントに戻るとペットは一緒にワープすしてくる。安全な場所でワーシップネイチャーを使いたい場合等に用いると良い。
--戦闘状態解除技は、ヘイトを下げる技だけではない。→[[タゲ切り技>雑学#target_cut]] 
--タウント、ストロングタウントはペットが使った場合、ペットのヘイト値をかなり増加させるが、完全にタゲ取りできるわけではない。

--ウー、ホムンクルス、タイタンは連れて行けるペットの合計数の影響は受けるが、連れて行けるペットの合計LVの影響を受けない。つまり調教*2=ペットの合計LVからさらにウー、ホムンクルスを取り出すことができる。ウー、ホムンクルスのLVは関係なく取り出す事が可能。ウーをアニマルケイジから出した状態でもフェイタライズ、召喚は普通に出来る。~
--各種ゲートキーパー人形にドミニオンを行うことで、本来の50%〜100%のサイズのゲートキーパーになりきることが出来る。(サイズは種類で固定) 詳細は青ペット下部の項目を参照されたし。

//
**スキル上げ情報のまとめ [#p342e004]
-上記[[青ネーム可能ペット一覧>#eaf09d95]]などを参考に、テイムするのに必要なスキル値に少し足りないくらいからスキルを使っていくといい。
-何でもいいので1匹テイムしてチェリッシング、チアー ショットを延々する。それだけで上がる。
--チェリッシング、チアーショットなど、ペットを対象にするスキルは場所型アンチマクロの模様。移動しながらを推奨。
--90前後以降はチェリッシングもチアーショットも上昇量は一緒。(HP減っていない状態のチェリッシングは半分)
--パフォーミングウィップの上昇上限は90

|~スキル|~行動|~上昇判定|h
|~アニマルフェイタライズ&br;マンカインドフェイタライズ&br;ドラゴンフェイタライズ|違う種族に|有り|
|~|多頭連れ上限を超えて|有り|
|~|ペット枠上限を超えて|有り|
|~|Fizzle|有り|
|~チェリッシング|Fizzle|有り|
|~チアー ショット|Fizzle|有り|
|~ワーシップ ネイチャー|Fizzle||
|~テラー ウィップ|Fizzle| |
|~パフォーミング ウィップ|特殊行動の無い対象に|有り|
|~|特殊行動未修得ペットに|有り|
|~|Fizzle|有り|
|~ミラクル ケイジ|アニマルケイジ非所持成功|有り|
|~|アニマルケイジ非所持Fizzle|有り|
|~|Fizzle|有り|
|~ドミニオン|Fizzle|有り|

//
**情報提供 [#o86b3f47]
''わからないことは[[外部掲示板>Link/質問スレ]]の該当スレなどで聞きましょう。''~
#pcomment(スキル/熟練(技)/調教/コメント,8)

ここで質問はしないでください~
反映済みのコメントは整理してあります

トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS